コラージュ

ストーリー


「おつきさまがついてくる」
IMGP2396


わたしたち。

わたしたちは、街で暮らしている。スマートフォンで通信する。これは凄まじい科学力。凄まじいわたしたちは、いつしか死なないカラダを手に入れた。それは奇跡でも魔法でもなく、単純な医学の進化によって。わたしたちは機種変更をするような手軽さで、命を更新する。
老いないカラダが死なないまま過ごした、
この街の1000年におよぶ日常。
白々しい太陽がアスファルトを焦がし、笑っている内に煌々と浮かぶ月。
全てが満たされ、誰も泣かなくなってしまった。泣くことを忘れてしまった。
だから彼女は、涙を思い出す冒険に出る。
物語は、いつかの津波のように1000年を遡上する。そこには、可愛らしくも残酷な人類の秘密が隠されていた。

ひとりぼっちの彼女が泣いている頃、わたしたちの背中にはいつまでもいつまでも、おつきさまがついてくる。さあ、暗闇の中はしゃごう。この内の誰かが泣いてしまうまで。

謎が謎を呼ぶサスペンス的な緻密構成でスリリングに展開する物語を、会話劇と生演奏で紡ぎます。ハイボルテージにメーターを振り切ったまま、ラストシーンまで疾走します。やがてステージに残るのは、ひとつの雑音や一滴の汗の動きだけでも消えてしまう程繊細な、誰の胸にも去来するノスタルジィ。
はじめての【ハッカ】は、生身で絵本を造ります。


【hacca】
1st breath
Fly me to the moon』   


コラージュネイビー  

We.

We are living in the city. It communicates with a smart phone. This is tremendous scientific force. Fierce We got a body that does not die unawares. It also neither magic miracle, by the evolution of simple medicine. We are in as easily as a model change, to update the life.
The old body is not spent without die,
Daily ranging in 1000 of this city.
month lame sun scorched the asphalt, floats and Koko while you are laughing.
All are met, was anyone I no longer cry. I forgot that you cry.
So she, out on an adventure to remember the tears.
The story, to run-up the 1000 as sometime the tsunami. At the bottom, lovely even cruel humanity of secret has been hidden.

Around her alone is crying, our forever forever in the back, Moon is about to come. Now, let Hashago in the dark. Someone within this until the cries.

the story of the mystery unfolds thrilling to suspense basis dense structure called the mystery, it spun in a conversation drama and live music. While shook off the meter to high voltage, and then sprint to the last scene. Before long the remains on the stage, delicate as disappear just movement of one of noise and a drop of sweat, and come and go to Nosutaruji~i to anyone of chest.
First [hacca] is, creates a picture book in flesh and blood.

 

hey.mom,dad,please.

Fly me to the moon.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

a fond embrace